2014年03月30日

 不自然(茶髪)愛好者は多くても,皆んな黒髪で生まれてきた。そしてこれからも。

子供達も黒髪を不愉快に感じるのだろうか。
一体 どこからどうして 黒髪を否定したくなるのか
これは本人の意志というよりも
何ものかに 支配された、コントロールされていると
感じてしまう。 なので 不自然愛好者を
責めたりする気は 私の場合 全くない。
最大の敵は 不自然さを売りつけて
膨大な利益を目論む連中である。
それ以外にも 民族の分裂を企てていることも。
分裂は国力を弱体化するので
将来支配するのに都合が良い。
敗戦後の日本の弱体化 永久支配が
効果を奏して来たのかもしれない。
南の隣国さん達も 日本の繁栄は
喜ばない。平和ぼけした 腰抜け民族で
攻められたら逃げてゆくことを望む。
沖縄が狙われて、対馬が狙われて、
天草も 北は北で・・・。
日本の意識分裂 大感激。
posted by 愚泥(ぐでい) at 08:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

日本人の頭髪、人工的変色の是非論、PCで見ると 平行線。

黒髪は東洋人生来のもの
そのことを知らない者は本当はない筈。
それでも 茶髪が正しいのだと主張する
人も少なくない。
日常的に 茶髪が正常だと
視覚を駆使して、徹底的に教育する=
その効果が、人間の意識まで
簡単に操作してしまうことに ただただ驚くばかり。
ある時期には 非行少年、水商売、派手な人と
社会的にも非難の声や眼差しが向けられた。
しかし もう茶髪人口が増えてくると
多数決の論法が敗戦後の日本に幅を利かせる。
黒髪は 重たい 暗いと納得してしまう心理。
「何故 天は 東洋人を 黒髪にしたのか」
不自然好みを 認めたくないから
そんな問をすることは 必要ではない。
文明人はいつの間にか神を超えてしまった。
自然を征服できると思った。
そもそも 黒髪喪失を 病的と捉えたのは
少年期だった思う。
「黒髪は 女の命」まだそんな時代だったのに
突如として、原爆焼けしたような女が現れた。
一見して アメリカに媚びた 米兵向けの
人口西洋人(女)であったのが。
やがて一般女性にまで流行した
電熱パーマである、
深い鍋状の内側に 多分ニクロム線を入れて
加熱したものを、頭にかぶっていたようだ。
髪の質は ボロボロになった。
男性の目には 敵国女性の模倣。
「どんなにか 悔しい思いをしたであろうか」
しかし当時は アメリカ人は 天上人。
日本人は クズ。
敵国崇拝もある意味で当然。
原爆と竹槍。文化差 国力差。
敗戦まで 竹槍で敵国の飛行機を
突き落とすような感覚で訓練をしていた?。
「最後に神風が吹いて日本は必ず勝つ」
しかし 原爆の投下で 神が死んだ!。
そんな経緯を考えると黒髪放棄も頷ける。
かと言って 今の不自然さを
次世代に譲ることは、絶対に許さない!!。
不自然は生体を滅亡させるから。
東洋を大事にしないことは
自分自身を大事にしないことでもある。
お説教によると、自分に命を
30代遡ると、ご先祖様の数が10億人を超すと言う
我々の命は 黒髪が添えられて 贈られてきた命。
本当は どんな色でも構わない 筈がない。
「阿弥陀経の一説に、赤色赤光、白色白光」と
どんな色でもOK.と解釈もできるし。
「あなたの 色そのままで OK」ともなる。
そこのところを 貴方は どのように解釈されるのか。
本当は 教育や宗教にもっと積極的に
取り組んで欲しいのだが・・・。
新しい時代はその必要も 無いのだろうか。
posted by 愚泥(ぐでい) at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

 ナマコ桁 自作は失敗だったようだ。陸上げした後で 摩耗部分に疑問が。

何回もテストを重ねたが
どうしてもしっくりいかないままに
使用を中止した。
放置した機材の摩耗部分が
錆びてきて、海底での接触状況が
見えてきた。
使用中に塗色して
接触状況を確認しなかったのは
完全に失敗であった。
「失敗は成功のもと」とは言ったものの
様々な形での浪費は可成り痛い。
「失敗を失敗では終わらせてはならない」
とは言え 自分の気付きの遅さに
納得出来ない 複雑な心境です。
posted by 愚泥(ぐでい) at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

 「海賊とよばれた男」(上)〜(下)間もなく読破します。

国岡商店店主 鉄蔵の
大和魂に心惹かれます。私は
何十年も前から
日本人の変質、変色を見つめています。
本当の日本人とは何か。
東洋人とはどうあるべきか。
天が与えた東洋人が
天に向かって 反旗を翻していないか。
東洋の本質を見失った時
どんな結果を招くのんだろうか。
「我々は東洋人として生を受けた」のに
日本の大人社会では
 「有りのままでは ダメなのでしょうか」

 「正邪は 多数決で決定する のでしょうか」
posted by 愚泥(ぐでい) at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

 3月15日伽藍様の祭り(本当は旧暦)。昭和年代に奉納された旗のお名前が懐かしい。

祖父母の時代には 近隣の人たちを招いて
接待をしていましたが その後長い空白期を経て
祭りの期日さえ判明しなかったのを
近くに住む 故 赤瀬アサノさんの記憶をもとに
旗を立てたり 赤飯をお供えすることに成りました。
昔の旗は 青と黒でしたが 私どもの代になってから
赤い旗に 孫達の名前が書かれたり
紫の旗は寄贈者 西の山下さん。
もう一枚の紫は 上天草学林 この中に
どんな夢が 託されているのでしょうか。
通常は祭りに飲食の接待が付きものですが
それを省略して ほんの僅かでも
その気持をユニセフを通じて
世界の恵まれない子供達に向けさせて頂いています。
「必要な人達に必要なものを」たしか 聖書の言葉。
「心だに 真の道に かないなば 祈らずとても
   神は守らむ」天満宮=菅原道真公のことば。
posted by 愚泥(ぐでい) at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

  漁業組合総会 赤い笛を貰って帰る。孫達にあげたら 喜んで吹くだろう。

山とか広場にでも行って吹かせないと
隣近所が煩くて 迷惑するかもしれない。
村人曰く、
「爺(私)が法螺(ほら)ふきゃ 児(孫)が笛を吹く」
  じが ほらふけば ぢがふえをふく。
此の頃ぁ 朝から 風がふく。
  そのうちぃ 春一番が吹くじゃろう。
大分 温くうなったばってん
 今日どま ファンヒーターも コタツも点けた。
明日は 朝冷え込んで昼は温っかて テレビが言うた。
   「懐も 心も寒し 床桜」 (月夜蟹)
 床桜=唐芋の床を伏せる季節になると桜が咲く
 月夜のカニは 我が影に怯えて痩せる(中身が無い)
老人会の花見がくる、村寄り(集落の話し合い)も来る。
寒い冬は今日まで!。一夜が明けると 「もう春ですね」
posted by 愚泥(ぐでい) at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「赤い靴はいてた おんなの子異人さんに連れられて行っちゃた」(野口雨情)この童謡に心が痛んだ幼年期。

「横浜の埠頭(はとば)から汽船(ふね)に乗って
   異人さんに連れられて 行っちゃた」
「今では・・・青い目に・・・ なっちゃって
      異人さんのお国にいるんだろう」
この歌を耳にしたのは約70年も前の事になる。
たった一人で誰一人として知らない異国に
行ってしまった 幼女は どんなに悲しい思いを
しているだろうか。そのことに物凄く心が痛んだ。
当時は異国(アメリカ)はまだ敵国で
想像もつかない 遠い国だった。
敗戦間もない我が生まれ故郷天草郡大道村は
海岸線がそのまま砂浜であり自転車、リヤカーも
無く、殆どの家が 麦殻屋根の家で
電灯(裸電球)が1軒に1灯あればよい時代で
主食は唐芋良くて麦飯に イワシの しゃ(おかず)
「今では ・・・青い目に・・・なっちゃって・・・」
アメリカに行ったら 「アメリカ人になるんだろうか」
「本当に ・・・青い目に・・・なるんだろうか」
「そして・・・赤い髪に・・・」
おんなの子が 可哀想に思えた。私は
今も 日本人が黒髪を放棄することに
日本中の誰よりも拘るのは
「赤い靴の おんなの子」のせいかも知れない。
日本人の命は祖先から受け継がれていると言う
眼の色、髪の色 皮膚の色
何れも自然界で決定されて(宿命として)いる。
そのことを受け入れない民族?。
なぜ? 人類初の  魂の被曝民族。
魂がアメリカに支配されたんだろうか。
アメリカの傘下になったら 日本も西洋になる?。
やがて多くの日本人が青い目になるんだろうか。
赤い髪になるんだろうか。
このブログを書く前に(赤い靴の女の子」検索。
一説によると おんなの子の名前は
きみちゃん。宣教師に連れられて異国へ
みきちゃんの 像が 今も北海道に?
それにしても 黒髪が自然界から贈られたことを
宗教人が知らない。教育者が、科学者が
・・・知らない?。どうしたんだろう 日本人。
愛国心、祖先崇拝〜 成立しない!。
国家の分裂、異常犯罪、自然破壊(人体含む)
国際人とはアメリカ人的?中国人的?。
日本人が日本人であることは ダメですかねぇ???。
posted by 愚泥(ぐでい) at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

パールマラソン前夜祭に行きました。大矢野総合体育館17:30〜

大矢野太鼓。天草ハイヤ(苓明高校)
上天草、慈秀(YOSAKOI)
雅太鼓(秀岳館高校)
相川まさき。MICA,福本ヒデ。
若いパワーを ありがとう。
相川さん 初めてでしたが
素的な声でしたよ。
MIKAさんの声も。そして顔も・・。
明日は走りませんが、
3月23日15:30〜RKK TVをみます。
今夜は夢でもう一度 再生して見ます。
今から休みます。
posted by 愚泥(ぐでい) at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

 さようなら 鬼塚弘宣(商店、店主)さん。

温厚な人柄で、散歩の途中で
時たま 現代社会の乱れについて
話し合ったことがある。
結論は、「なす術がない」だった。
お互いに この世の卒業が
そんなに遠くはないので仕方が無いが
「今から生きてゆく子供たちは可哀想だ」と。
・・・そのまま別れた日は約半年前だった。
あの日以来、私は是非伝えたい事があった。
「最後の1分1秒まで諦めずに頑張ります」と。
それを実行する意味で昨日は熊本の僧侶の方に
手紙を差し出しました。
「世の中が悪くなる事は、過去に そして今も
御仏の御心に反する事を していないだろうか」
自然破壊が問題とされながら、
肝心な 人間自体も そとみもなかみも(外見、中味)。
自然から逸脱させられてしまった気がする。
「だからそのことを どうすれば良いのか」
あの日の貴方の 熱き想いに
少しでも添えるように頑張ります。
直接お話が出来なくなったことは とても残念です。
このような形でのご報告となりましたが・・。
防衛大臣のお話、今日聞きました。            
posted by 愚泥(ぐでい) at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

15歳少女殺人犯人逮捕?半年間学校に通う。善悪の基準を喪失した 日本。

日本人は 西洋人? 東洋人?
真実が無視された社会は
価値観の混乱(逆転)を
必ず 招く。
日本社会が狂乱に向かうのだろうか。
既にその中にあるのだろうか。

一昨日図書館から
「神戸小学生殺人事件」を借りてきた。わたしは
事件を担当した神戸須磨警察署に足を運んだ
ことがある。少年の問題は日本社会の問題として
捉えることがより重用だと考えたから・・。
オーム事件、今回の事件も
考えようによっては、犯罪者が同時に被害者であることも
ありうると思う。
此のことを 訴える為に天草法務省を訪ねたとき
PCを買う事を勧めてくれた。
あの日から7年が過ぎてXPの機種に変更を決定。
・・・神様がお創りになった東洋人の特性が
  無視される社会は 今後どのように展開するのか。
・・・・・・・・・・。
posted by 愚泥(ぐでい) at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

学校を作りたい、図書館も。病める社会の治療(回復)したい。今人生の残り時間に賭けたいと必死です。

学校 図書館、 建造物とは無関係です。
学びの人を 発掘すればそれでOKです。
病める社会の 治療 宗教とか教育に
大いに期待してきましたが
その方向にどれ程の情熱が注がれて来たのか
一寸疑問です。時間的にゆとりがあっても
社会問題に向けられ、自ら取り組む姿勢は
実際問題として困難なことだとも思います。
今 「愛する者の死とどう向き合うか」を読んでいますが
少しだけ読みが上手になり嬉しい事です。
著者のカールベッカー(京大、こころの未来教授)は
宗教学の立場から、病める人達のこころに
光を見い出させるための試みをされているのを感じます。
様々な分野の人達の時間が現代社会の歪みの
回復の為に 提供されることを祈りつつ
理系 文系又学ぶことを生甲斐とする(学生)を
積極的に掘り起こすことに微力を注ぎたいと思っています。
きょうはアロマで生涯学習の成果が発表される催しが
あるので 今から出かけます。
市のエリート(選ばれた人=選人)さん達に触れ
何かを学ばせて貰いたいと考えます。
posted by 愚泥(ぐでい) at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする