2015年01月27日

石垣天端工事 一旦完成予定叶わず。

午後から本工事をしたが 時間不足だった。
午前中は土が濡れていたので U字講の瓦の取り出し作業。
明日は 据え付けと 取り出し作業。
都合では 川沿いを延長工事するかも知れない。
posted by 愚泥(ぐでい) at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

工事の速度が スムーズ行き過ぎ 手作業でも 工夫次第。

U字講 45幅1000長、重量推定100KG 移動も据え付けも非常に簡単。
力もあまり必要ではない。更に工夫をして 作業効率を上げられる。
廃物利用なので 費用のほうも 9Mで2500円の只同然。
しかし砂バラスは以前に買っていたもの 資材も買い置きと再利用品。
労力は約1週間。工事費が極端に安いので もう10M延長工事も考えている。
今日は雨で いろいろと他のことをやりたい。
posted by 愚泥(ぐでい) at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

江岸寺で 法然上人御忌法要。倉岳町(天草市)

記念説法は 熊本 蓮台寺住職 浅野昭弘さん(36)
熊本市蓮台寺2−10−1. 096−325−7737.
「年ふれば わが黒髪も白川の みずはくむまで 老いにけるかな」
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

仏壇に バラの花は 供えないで?? トゲがあるから。

仏様に トゲのある花は ダメ!。
それは人間の(賢い)作った価値観に過ぎないと思う。
花に善悪なし(きっと)。美しい人のみを優遇する 筈がない。
我が家の仏壇のバラが美しい。トゲのある人も優しい人に変化させるのが
仏の世界だと言ったら ダメなのかな。
posted by 愚泥(ぐでい) at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

石垣(畑の)天端にドリルで穴をあけました。コンクリート接続用。

天端の上に U字講を載せて 土留めと花壇を兼用します。
盛り土の土圧で U字講を外へ押し出さないように
10cm角の淵を作ります60cm高さの転落防止用の
ロープを張るための支柱16mm鉄筋を1.5m毎に設置予定。
暫くは 忙しくなりそうです。
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

帰猿現象 猿から進化=人間 人間からの退化=お猿さん。

大人社会で サル色が好まれる。
なぜ?。「文明も 峠を越すと 下り坂」
自然の大切さを しきりに叫ぶかと思うと
ご自身は 黒髪(自然を)放棄が 物凄く多い
不自然大好き 子供たちは 可哀想。
日本猿 増加するのかな?。
なぜ そうなるのかな 日本人。
今 TVで 外国人が言っていた。
「日本人は 美しい!!」
足りないのは  自信。
そのことが 理解できないとなると?。
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

畑のU字溝抜き取り作業が高速進行。頭の体操のせい、天神さんの旗のせい?。

通常は 予定よりかなり遅れるのが普通。
しかし今回の作業は 驚くくらい スムーズにゆく
あとは 抜き取った物を石垣の天端に設置して
花壇を兼用する予定。夏場の水不足を
どのように解決するか、工事の方法は?
重量が60k以上? 腰に負担を書けないように
思ったよりも工期が短くできると
色々な意味で大助かり、廃物利用で費用も
かなり少なくて済むに違いない。
垂れ下がった石垣の上の草が
花壇で遮断できると町内美化に
少し役に立つことを 信じて。
posted by 愚泥(ぐでい) at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

茶髪 金髪が似合う それは西洋人のこと

茶髪が似合うと信じこまされている人が 多い。
日本人って 大丈夫?。
まぁ 人間の意見は色々あってもいい。
いや 本当は 色々あっては ダメ。
本当は 黒髪しか無いのだから。
もし 貴方が 宗教を信じていたら
髪に仏に 聞いてみるがよい。
しかし 最近は宗教までが TVに洗脳 染脳されてしまって
何が正しいのか 理解できないのが 実に多い。
信者さんが 可哀想。真実が解らないのは 宗教の価値がない。
学校は 茶髪を正常と見なす?。残念ながら これもまた。
日本の精神基盤が混乱しているのだから
いずれにしても 次世代の子供たちは 黒髪を誇れる社会
でないと 日本と言う国家が衰退するほかない。
posted by 愚泥(ぐでい) at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人の進化が峠を越えて下り坂になりサル色が好まれています(帰猿現象)

進化から退化に急加速 お猿さん色が好まれています。
出来たら 人間であることの尊さ 誇り忘れないでほしい。
黒髪の美しさ再認識してください。
若人の美しさをサル色にしないで下さい。
posted by 愚泥(ぐでい) at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

民族拒絶 日本人は嫌い みんなで一緒に西洋人になろうよ

結婚するなら 大和撫子 夢は叶いました。
あれから50年 そこに居るのは マリリン ばば〜モンロー
腕力はあるし 口は荒い 態度はでかい
小さくなって ご機嫌を伺って過ごす毎日。
あ あha〜 古き良き 日本が 懐かしい。
posted by 愚泥(ぐでい) at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

浄土から 天神さんの旗が見えますか お母さん

「浄土から 紫紺の旗が 見えますか
      見えたら下さい Uメール」
Uメールとは(夢み〜る=夢で知らせる=夢告)
posted by 愚泥(ぐでい) at 09:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

しばらく 晴天が続きそう それでも風は冷たい

することは山ほどあるが 朝起きができにくい。
しかし 少しでも 体を動かすように 心がけたい。
5分でもいい 小さいことが 体と心を 起動する。
posted by 愚泥(ぐでい) at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

5分間 実践術。散歩 体操、階段上り

「散歩を 1時間しよう」私はなぜか そんな気になれない。
だから きょうは 5分間登山をしてみた。
西隣の岩山の階段を 鉈(なた)と 竹ぼうきを持って上る。
山道の階段を掃除したのは久しぶり。3か月ぐらいしていないかな。
5分の 山道散歩がきっかけで 色々なことができた。
反対側からの参道は 5日前に 落ち葉を集めて清掃に1日かかった。
集めた柴は 畑に運んだ「落ち葉のことを、子供のころは しばんは と言った」
山道や 海岸が(砂浜)が 綺麗になると 清々しい気持ちになる。
同級生の 須本君が 中園区をいつもピカピカに清掃してくれる。
花を植えたり 健康体操を普及したり マジックショーに歌と踊りを添えて
皆さんを楽しませてもくれる。俺は大きなことは出来ないから
取り敢えず 「5分間でもよいから」何かを実行してみたいと思っている。
posted by 愚泥(ぐでい) at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勉強する為に学校に行く 教科内容を学校以外の場所で学ぶ。

真剣に学ぶ姿勢があると「学校が 自分のほうにやってくる」そんな体験をしたことはありませんか」
「求めよ さらば 与えられん」が キリスト教の信者でなくても 実現することもありそうだ。
学校で学ぶの 逆に学校へ学びを発信することも可能である。
大学は最高学府・・・その大学に学問を提供している 学者さんがいる。
大学で学ぶ 大学で教える。全ての点で大学は最高だろうか、正しいのだろうか。
日本人の過剰適応(西洋かぶれ)は自然か それとも不自然か
教育界も宗教界も そんなことは 無関心? だとすると それで良いのだろうか。
放置しても 構わないのか。私のような無学なものが 今逆に問いかける活動に力を入れだした。
「もっと 東洋を大事にしないといけない」 何が正しいのか 判らない。
「黒髪は 暗くて 重たい、時代遅れ」 だと本気で信じている エリートが
今の日本に山ほどいる。アンケートをとるまでもなく 各自が色彩で表示しているから
物凄く 回答が鮮明に見える。それが 悪いと 個人を攻撃する必要はない、
その積りはないが 誤解される可能性は十分にありすぎる。私が言いたいのは
「日本人は もっと東洋の特性を 大事にしなくてもよいのでしょうか」と
言っているだけです。「子供たちは 可哀想です 大人たちの多くが
東洋の黒髪を否定するのですから・・・一番身近なお母さんが
子供と敵対関係になるんですから」 日本とゆう国は そんな意味で 恐ろしい国です。
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

集落ごとに 鬼火行事 「邪気を焼き払って皆が幸せであれ」

昔は子供達が 山から木を切り出していた。
木も くろぎの木 という木を選んで切った。
風呂を沸かすのも 飯(ご飯)を炊くのも
まき が使われていたが、黒木は燃えにくく
燃料としては不向きだった。
「お爺さんは 山に柴刈りに お婆さんは川に洗濯に」
ここ天草郡大道村の時代(1960)?は
まだ こんな光景がみられた。私が 大道中学校を
非常に優秀な成績で ない成績で卒業したのが1955年春。
大道には自転車が殆どなかったので
自転車の練習は 阿蘇の土木工事の土方(土木工事作業員)時代。
敗戦後の国民学校第1回目の1年生。学用品不足、衣食不足
子供のころは 砂浜を素足で歩いて遊んだ。履物は主に藁草履。
鬼火は そんな思い出に連なる。
豊かでなかった時代の思い出は何故か今も心を温めてくれる。
posted by 愚泥(ぐでい) at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

日本人の西欧模倣(崇拝)奴隷文化?その異常性。戦時中の女性がパーマーネント。

約半月前に 昭和19年頃の写真が熊日に載っていた。
愛国婦人と戦闘機が写っていて その婦人が
どうやら パーマーネントをかけているようであった。
戦時中 しかも敵国の頭髪模倣?
何故 そんなことを 当時の女性が好んだのか。私は
天草の田舎育ちなので 西洋模倣は敗戦後とだけしか
知らなかったが 「パーマーネントは やめましょう」という
歌があったことを かなり後で知った。
戦争の時代の中 更に以前から日本人を西洋人らしくすることが
進歩的であるという思想がどうやら定着していたようである。
西洋は進歩的 日本は遅れている そのことは今も納得できる。
しかし 日本人の身体的外観を人工的に西洋化することで
解決できることでは無い筈である。東洋に西洋をメッキ(鍍金)したもの
TVで見る 海外を歩く女優さんの殆どが 本物でなく塗り物。
東洋は西洋に比べて劣っている、それが真実であるかどうかは別として
塗り物(メッキ)であっては困る。とくに若い知的な人は
塗り物は卑怯である 昔なら「日本人らしくないぞ」と言いたいが
今はそんな言い方は 死語になった。
「日本民族は遅れている」それを潜在的に認めているから
未だに 現実を受容出来ないで 自らの有りの儘を認めないのだろうか。
一日も早く 永遠の奴隷から 脱皮脱却をして欲しいものである。
皆様の感想をお待ちしています。ご静読 ありがとうございました!。 
posted by 愚泥(ぐでい) at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

日本に 愛国教育は 必要ではないのか。

外国のことなど わたしが知るはずも無いが
問題は 日本のこと
いちおう社会的にも 言葉の上では 何となく類似した内容をよく聞く
祖先崇拝 とかスポーツ選手の活躍 ノーベル賞の受賞の時など
何となく 日本を誇りに思う人は少なくない筈。
ところが きょうほど 日本人が東洋の特性を軽んじている時代は
何万年も生きてきた中で記憶にない。
祖先崇拝も命に添えられた身体、黒髪を抜くと 殆ど無意味になる。
愛国心や誇り(国家も、自己も)全く同じ。
東洋の本質とか生来の特性を放棄したら 意味が消失する。
仮に 学校教育で 愛国とか誇りとかを 活字や言語で伝えても
生来の黒髪を 無意味な染色をする大人社会が
その真意を 攪乱してしまう。
命の大切さも 拡大すると 国家の生命と重なる。
洗髪も染髪も 度が過ぎると 髪が傷むと聞く。
それは 髪が 神(天=自然)が 「してはいけない 止めて欲しい」という
メッセージ そのもの。不自然な行為の継続は 確実に
人間の魂や身体を破壊すると私は思う。
国はもちろん 宗教も教育も 意外と無関心に見えてとても残念。
もちろん 半ボケ老人の 偏見であることが 私自身も 幸せ。
しかし ひょっとすると 国民の 国家の自虐行為で有るかも知れない
・・・次世代のために ちょっと立ち止まって 考えて欲しい。

posted by 愚泥(ぐでい) at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天満宮さんの奉納旗注文しました。

菅原道真公の詩に 「心だに 誠の道にかないなば 祈らずとてもも神は 守らむ」に
出逢って感動する。昨年は 金婚式も迎えた。そんなことが 奉納を決意した理由。
旗の寸法は 幅70 長450 cm。 紫紺色 上に白2本の横線、奉納の横書き。
その下に 天満宮のご紋(丸の中に梅の花)その下に 天満宮(太文字、縦書き)
右側に平成二十七年一月(制作年月日、吉日は使用せず=日々之好日、日に善悪なし)
左横に 二人の氏名(奉納者)
注文先 天草市本渡の 紫谷染物店 電話0969 22 2794
紫谷さんに依頼した理由 永年飢餓救済活動等で国際貢献。
道真公の「誠の道」の実践者、熊本県でも極めて少数。
紫谷染物店の ご繁盛ご活躍を 祈念いたします。
posted by 愚泥(ぐでい) at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

きょうは 避難道の落ち葉清掃 落ち葉は畑に搬送

落ち葉を大きな袋に入れて リヤカーで運ぶ
このリヤカーは 祖父の代からのもの ひょっとしたら
60年近くになる 代物。
狭い道では 利用できなくて 放棄しようと思ったが
横パイプの中間を15Cほど 除去して幅を狭くしたところ
使い勝手がよく 上天草病院の建設現場では
エレベーターも室内もじゆうに出入りができて
活躍した実績を持つ。
タイヤ−だけが 古くなって 一方だけが少し小さめの
単車のお古を 着用させて貰っている。
長持ちの理由は 長い間室内で保管されていたせいかも知れない。
写真の旗は 近くの伽藍様に奉納されたもの (昭和10年代)CIMG0067.jpg
posted by 愚泥(ぐでい) at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私は敬虔な宗教信者です。至福の時は

至福の時は 神に向かって祈りを捧げるとき
ではなく 酒を飲むまでの瞬間
酒を飲むときは 神との関係は
スイッチOFF!。
祈りよりも お酒が好き
宗教の しゅう は ウ冠に 酒と書きます。
酒は 私の命です。
posted by 愚泥(ぐでい) at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする