2016年09月30日

街もTVも黒髪さんが急増中!!茶髪(不自然色)はもう 時代遅れ

美しい黒髪を 脱色 染色 貴方は何の違和感もないのですか
敏感な人は 自然の大切さを とっくに気付いていますよ。
それでも不自然大好き人間は まだまだ多いのでご安心ください。
健康を追及する医学関係者、神仏と関係の深い??宗教者。
子供を育成する役割の教育者たちが 「何で不自然大好き人間が多いのでしょうか」
永年理解に苦しみました。しかし みなさんお揃いでTVに染脳されていたのです。
カラーTVになってから染色力が急に向上しました。
TVに支配されいるのですから、自らの正しい判断が出来ません。
不自然大好き人間さんは TVの枠の中に生きているのです。
そのことを 貴方はきっと 気付いて下さるに違いない。
あなたの気付きが 未来を変える 日本を変える!筈。
 悪質な犯罪が少なくなるように願っています。
多くの人達も同じだと思います。
posted by 愚泥(ぐでい) at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

黒髪大好き!。金髪も・・。どちらも 東西の自然な特性だから。

日本人の黒髪軽視 放棄の多さに 只々呆れて 幾十年。
過去に テレビっ子が問題視されたが
現代では テレビ大人の時代なのだろうか。やること言うことが TV丸写しに感じる。
高度な教育を受けた人間が あまりにも簡単に 東洋の特性を放棄する様を
どうしても正常と判断したくない。 流行だと言う解釈を挟めば 其れなりに解釈は出来ても。
とにかく東洋の黒髪は草木の緑と一緒で人間の思考以前の問題である。
もちろん枯葉もあれば 紅葉もあるように 黒髪にも例外はあるが 今言っているのは基本論。
黒髪は美しい!それは当たり前のこと。
然しまた 西洋の金髪も 言葉では表現できない 感動以外の何物でもない。
以前に新幹線の中から 外人さんにカメラを向けるたことがあるが
「あら わたしを撮ってくださるの 嬉しいわ」と満面の笑みで応えてくれた。
そして
 急いでバッグの中から タブレットを取り出して私に向かってフラッシュを光らせた。
「ありがとう!私も撮らせて頂くわ」金髪さんの 返礼であった。
新幹線の中の私が どうせ映る筈はない、 それでも心ずかいは嬉しかった。

posted by 愚泥(ぐでい) at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

黒髪さんが急増中! 町でもTVもPCも 不自然大好き派は もう時代遅れ!。

「黒髪は重たいくらい」そんなことを 真に受ける人は かなり軽すぎな人。
「TVの枠にはめられて 色に実に簡単に 染められて」
自分の頭で考えることが出来ない・・・・となると 民族も絶望的!!。
しかし 最近は 自然の魅力を感じる人が出てきて
至る所で 黒髪さんが 急増中
大自然に贈られた 生命 黒髪!。本当は日本人の そして東洋の誇りだよね。
それにしても 不自然大好き人間の多さにも驚きます。
孫に(小2) 日本人の本当の髪の色を聞いたら・・・「何と答えたと思いますか」
  こたえ 茶色でした・・・「たまに黒もあるけどね」 ショックでしたが事実でもあります。
子供たちにも 真実が見えないのですね。
これで良いのでしょうか。 しかしながら黒髪さんが増えていることは 
自分で考える力を持った人たちが 増えたということではないでしょうか。
最近大きな災害が多発しましたが みんなの力で 新しく再生ているようです。
国民の多くが 残念ながら 変色 変質(東洋を無視した不自然)に同調しましたが
今 再生の時に 東洋の自然に目を向けることは 誤りでしょうか。
日本の将来の為に 次世代のために!。
あなたの声を 聞かせて下されば しあわせです。
posted by 愚泥(ぐでい) at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

日本人は 黒髪が当たり前 それでもテレビに支配されて茶髪が正しい??。

TVや新聞は正しい
自然よりも 不自然を絶対化する。
そんな世の中だから、
若い人の黒髪の美しさが 余計に目立つ!。
それでも最近 TV関係者にも 黒髪の人が目立つ。
天草市の本渡の病院でも 黒髪さんをよく見かける。
自然を叫びながら 自らを不自然にする人たちが何と多いことか。
多分 日本人は優秀な民族だから だろうか・・??。
町で出会った黒髪さん TVの中の黒髪さん
これからは 名前を挙げてみたい。
TVや新聞その他まで 出鱈目な部分が多すぎる
そんな世の中にあって 何が正しいのかを 認識できる人は極上の人だと思う。
posted by 愚泥(ぐでい) at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

丸田区敬老会盛大に終了(上天草・龍ヶ岳・大道)病に躓いた人たちが元気にカラオケ披露。

二度と回復されないのでは? そんな大きな試練を乗り越えて
見事に 元気を取り戻され 歌声も見事でした。嬉! 拍手・・・。
尚。会を主催して下さった区長さんはじめ 色々とご苦労下さった関係者の皆さん
お世話になりました。
踊りとかマジックショーも予想外で 楽しい ひと時が過ごせました。
料理も最高でしたが
一般の方のカラオケの声前(腕前)もプロ級。
元気でまた来年を楽しみにしています。松本記。
posted by 愚泥(ぐでい) at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

台風16号接近中

20日に九州上陸の予想 船の避難を検討中
夕刻の天気予報に注目して再検討します。
posted by 愚泥(ぐでい) at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

「漁場再生の為に網を付けないで海底耕うんをさせて欲しい」県水産課さんの速やかな回答。深い理解に感謝します。

網を付けないのは 違法操業が完全に出来ない為の条件として 県に相談しました。
個人ですることは 全国でも 多分例がないと思います。
「漁協がするのではないのですか」と聞かれましたが。
漁協がすれば 個人ですることは 全くありません。
海上保安庁と 地元漁協にも 相談するように とのことでした。
海上保安庁の方も 網を付けないという条件付きでは
何も言うことはありません。漁業環境を改善することですから・・・。
それにしても なんで個人でするんですか?。
事情があって 計画は頓挫しましたが。
  県の水産課様 三角海上保安庁様 私の趣旨を暖かく理解して頂き有難うございました。
海底耕うん作業は 爪のついた器具にロープを付けて船の動力で引き廻します。
燃料代 器具機材代など
最低でも10万円  最大枠20万円。損失作業なので 無理にする必要も考えものです。
趣旨が理解出来る人。出来ない人。人も色々。
はっきり言ってしまえば、人の漁場がどうであれ 収益がどうであれ
他人には全く関係ない ことも当然ですね。
だからこそ 耳を傾けて下さった方 深い理解をして頂いた方から
励まして頂いたような気がします。 
その喜びを 社会の建設的な方向に 役立てることを 心に誓います。
いずれ 直接お礼を申し上げる機会があるとは思いますが 取り敢えず書面にて。
posted by 愚泥(ぐでい) at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死体と戯れる孫(写真) 実は死体は私じゃありませんか。汚い老人に寄り添ってくれる孫に感謝感激です。

兎に角 この夏の暑さには参りましたが 死体もどうやら また復活したようです。
平成のキリスト様みたいですね。ところで 我が人生もいよいよ終盤戦
是非やって置かないといけないことも かなり積極的にやることが出来ました。
やりたいことを 後回しにすると 多分死後に後悔するに違いありません。
顧みると昭和15年(紀元は2600年の記念児として1月1日)この世に誕生。
戦争があって 平和な時代があって 最近はまた物騒な時代になりました。
中国が日本列島(裂島化を計画)北朝鮮のミサイルも鼻で笑う時代は過ぎました。
一つ間違えると 平和を唱えながら 丸焦げにされるかもしれません。
アメリカが 守ってくれるんでしょうか。同盟国だと言って他国の為に命を賭ける兵士は可哀想ですね。
危ないことは 他人任せ。そんな虫の良い考えも どうやら終着駅が遠くないようです。
それでは 今日は このあたりで お別れしましょう。
明日が 良い日ででありますように。 「明日という日は 明るい日と書くのだから:::。
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

日本裂島=劣等国改装論。津波 地震 台風 隣国からのミサイル 尖閣列島からの侵略。文字通り裂けないと良いが 裂島、劣等国民は西洋メッキしないとダメ。外観を変えたら西洋人に成れる!?。日本人のままではダメですか。

「国破れて 山河あり」最近では 地震、津波、台風 ミサイル、海洋からの侵略。
国が裂け 山河までもが。一方で日本人として生を受けながら東洋を 無視、軽視して
人間まで人工西洋化。正常息を越えた 自己分裂・・的状態。
日本人が東洋を捨てる 軽視は(西欧化)統合失調的=過剰適応状態。
国が裂け 山河裂け 人間(国民)までもが 不統合、分裂、(裂け)日本異変=滅亡も。
   「日本人は 本当に西洋人に比べて 劣等国民です!」
   「あなたはどう思いますか?」 日本人の良さは何もないのでしょうか。
 近年 日本食が世界に注目されているとか。
 日本 色 よさを忘れていませんか。天が命と一緒に贈ってくれた 黒髪!!。
 黒髪の神秘な美しさが 解らない人が今大勢います。テレビに騙される(支配される)人が多い。
テレビは人を騙すのが仕事です(狙いです)騙される人も結構立派な人が多いのに。
日本人の皮膚は 汚い・・・だから 厚化粧しましょう。
「日本人汚い  貴方は信じますか」  こたえを あなただけに こっそり お教えします。
とは言っても私は東西の女性の肌のことは(その他のことも)知りませんが
アメリカで浄土真宗の布教活動を永年された男性僧侶のおはなしを紹介します。
ロッキー山脈とかミシシッピとか言っていましたが 吹きおろしの風に砂埃
女性の肌は火山の噴火口みたい きめが粗い 厚化粧で肌を守ることが必要な風土。
さて 日本人の女性の肌の評価は もち肌 ゆで卵 とにかく 東洋人は肌が非常に美しい
若い人なんか 素肌が美しいのです。 日本人で良かったですね。
貴方の肌は 生まれつき美しい!。黒髪もそうですよ 日本人は日本人のままで 一番美しいはず。
樋島(熊本上天草市)の観乗寺さん(浄土真宗)の永代経法話(お説教)毎年4月 を聴聞すると
良い話が一杯きけます。他の人には 黙っていてください 「あなただけに そっとお知らせ。}
日本人をアメリカ人にする 無理。   どうしてもなりたかったら・・・・。
「赤い靴はいてた女の子・・〜異人さんに連れられて行っちゃった」
「今では青い目になっちゃって 異人さんのお国にいるのだろ」
日本の少女がアメリカに行ったら アメリカ人に成るのだろうか 幼少期に私の小さな胸が痛んだ。
赤ちゃんは黒髪で生まれてくる。日本人はもっと自分を自然を大事にしないと
自分自身も 壊れないでしょうか。 さいごまで有難うございました。ご感想お待ちしております。
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

天満宮さんの詩の旗「心だに・・・誠の道にかないなば」の写真を色々な人に郵送

天満宮さんに差し出した手紙のコピーとか貰った返事を持参して
朝 報告に行きました。
手紙の内容は主として 子供の将来を考えるとき
「大人社会は 東洋人の特性を 尊重しなければならない」
「東洋人に西洋のレッテルを張ってはならない」など
東洋人が西洋の仮面をつけるような社会は 天意に反する。
国際人とは東洋に西洋メッキすることではない。
日本人は日本人以外の何物でもないと言う教育が日本では希薄過ぎないだろうか。
日本人でありながら レッテルが外国人 心まで アメリカ、中国、韓国人
ちょっと変だよ 日本人。
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「心だに 真の道に かなひなば 祈らずとても 神や守らむ」日本人に西洋のレッテルを貼ってはダメ。

特に敗戦後は 急速に西洋文明が流れ込み 日本のすべてが 悪であるような錯覚からか
模造西洋人がしだいに定着し現在に至る。
東洋人として誕生した日本の子ども達が 大人になると茶髪やパーマーを掛けて
脱日本人、西洋風に変身することがカラーTVの影響もあって 正常化されてしまった。
そこで「日本人を西洋メッキするとは 「誠の道に外れている」
現代社会は 異常であると 色々の分野に提言を試みたが
TVがやっていることは絶対に正しいとか 時代の流れとして処理されてしまい
そんなことにいちいち 口出しするのが 異常と判断されるらしい。
善悪の基準が 神とTVに染められた人間とでは 違いが大きすぎる。
東洋抜きの日本人は その半分は屍である。自然を奪い取る文化や放棄することは
決して建設的ではない。有害なことを堂々とやってのける。-・・・という私も
有害物質をマスクなしで 使用することが多い。
立派な宗教も祈りも 天意に逆行するとき 全く無意味である
人も基本的に動物であり生物であるので 自然に反するころは その多くが破壊的に働く。
「真の道に叶ひなば・・・・・神や守らむ」道真公は現代の迷路に明快な進路を示してくれる。
この言葉を 日本中に 瀬かい中に知らせてあげたい。私の人生の最後の夢!。
posted by 愚泥(ぐでい) at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする