2017年03月01日

「川の水を描いてください」「水は何色ですか」答えは茶色インドの子供)

海の色も茶褐色でした。インドではありませんが
今から35年以上前の神戸港がそうでした。
今は知りません「何方か教えてくれませんか」
「空色を知っていますか」私たちは小学校で 空を青色にしました。
ところが 神戸の方では 青空は殆どなくて灰色でした。
今はどうなっているのでしょうか。
「未来の子供たちに 青空を!」ホンダ自動車でしたか
排ガス規制の為に取り組まれる研究員達を(YVプロジェクトX)
見ました。必死の努力は まるで祈りのようでした。
頭が下がります。現代社会では 真実 が見えにくい事も多く
小2の孫(女)に 日本人の髪の色を訊くと
 「茶色。たまに黒もあるけどね」 正直 ショックでしたが
正しい答えでもあるのです。学校に行かない小さな子でも
「黒色」と答えることが出来ます。これもまた 正解なのです。
色々な色で染め替えると元の色が変化します。
ある母親は子供がお乳を飲んでいるので 染髪はしないと言いました。
また別の妊婦はお腹の子供の為に大好きなビールを止めているらしい。
若い母親の子を思うゆえの行動に 頭が下がります。
黒髪を故意に染色することは山野の緑を茶髪化するのに似ている。
かと言って 個々人を責めるつもりもありません。
仕掛け人は別にいるのですから。
何れにしろ 自然界の掟を矢鱈と操作することは
破壊的な結果をもたらすことが多いと思います。
民族を人類を滅ぼすのは核兵器だけでしょうか。
未来の子供たちの為に 何もしないで 叫ばなくても良いのですか。
宗教に期待した時期もありましたが、教団を支えているのは
神でなくて 人ですから 実にその多くがTVの色に染脳されたり
アルコール依存症傾向があり、神の声に耳を傾ける姿勢が
希薄になっていないでしょうか。アル中の宗教者は
不必要に お酒の話をしたり、出版物に書いたりするので解ります。
宗教がアルコール依存症の大量養成機関にならないように
願っています 教育に置いても 善と悪正邪が鮮明でなかったら
悲劇です。東洋の特性を放棄して西欧化することは
人が天よりも 高くなったからかも知れません。

posted by 愚泥(ぐでい) at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする