2017年03月02日

黒髪は 女の命 昔日本が東洋だった時 とても大切にしていました。

東洋の黒髪は 天が命に添えてくれた絶対的な色であり天意です。
しかし ピカドンが日本を西洋にしたから
髪が何色であれ関係ないのでしょうか。
70余年前 ヒロシマ 長崎にアメリカ軍が原爆投下。
一瞬にして 草木も人も被爆色(枯葉、死滅 破壊 不自然)色。
にしました。ある意味で時代の流れ?
しかし 本当に自然のままでは ダメなのですか
染め替えることに 建設的な意味があるのでしょうかね。
子供たちに 「東洋人はダメ(劣等民族)
自然を大切にする必要は全くない」という強烈なメッセージを
送ることになります。そのうち 生まれた時から金髪時代も
到来するかも知れません。何のために? 美しくなる為に?。
ともあれ不自然は 破壊的な結果を招かないのでしょうか。
試験的に庭先の草木のみどりを 茶髪にしてみませんか。
間違っても世界中の緑を 茶髪にするのは 止めて下さい。
そうでなくても地球上の緑は年々失われているようです。
愛玩動物の染色も英国では処罰されるそうです。
日本と言う国では 知りません。
染色を動物が喜ぶのかどうかも 知りません。
人間様の 髪様ご本人は 喜んでいますか 
不自然な行為を 迷惑がっていませんか、
髪が傷む 折れるなどは 悲鳴です。
無視することは 良い事です。?
身体のためにも 髪様の為にも 不自然なことをしましょう。
あ、日本が東洋でなくなったことを忘れていました。
老人性健忘症でしょうか。お許しのほどを、
最近健康を保持するために色々考えています。
とくに運動を 心がけています。
駄文にお付き合い下さって有難うございました。
今日の日が 貴方にとって 健やかでありますように!。
posted by 愚泥(ぐでい) at 07:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]