2017年03月01日

「川の水を描いてください」「水は何色ですか」答えは茶色インドの子供)

海の色も茶褐色でした。インドではありませんが
今から35年以上前の神戸港がそうでした。
今は知りません「何方か教えてくれませんか」
「空色を知っていますか」私たちは小学校で 空を青色にしました。
ところが 神戸の方では 青空は殆どなくて灰色でした。
今はどうなっているのでしょうか。
「未来の子供たちに 青空を!」ホンダ自動車でしたか
排ガス規制の為に取り組まれる研究員達を(YVプロジェクトX)
見ました。必死の努力は まるで祈りのようでした。
頭が下がります。現代社会では 真実 が見えにくい事も多く
小2の孫(女)に 日本人の髪の色を訊くと
 「茶色。たまに黒もあるけどね」 正直 ショックでしたが
正しい答えでもあるのです。学校に行かない小さな子でも
「黒色」と答えることが出来ます。これもまた 正解なのです。
色々な色で染め替えると元の色が変化します。
ある母親は子供がお乳を飲んでいるので 染髪はしないと言いました。
また別の妊婦はお腹の子供の為に大好きなビールを止めているらしい。
若い母親の子を思うゆえの行動に 頭が下がります。
黒髪を故意に染色することは山野の緑を茶髪化するのに似ている。
かと言って 個々人を責めるつもりもありません。
仕掛け人は別にいるのですから。
何れにしろ 自然界の掟を矢鱈と操作することは
破壊的な結果をもたらすことが多いと思います。
民族を人類を滅ぼすのは核兵器だけでしょうか。
未来の子供たちの為に 何もしないで 叫ばなくても良いのですか。
宗教に期待した時期もありましたが、教団を支えているのは
神でなくて 人ですから 実にその多くがTVの色に染脳されたり
アルコール依存症傾向があり、神の声に耳を傾ける姿勢が
希薄になっていないでしょうか。アル中の宗教者は
不必要に お酒の話をしたり、出版物に書いたりするので解ります。
宗教がアルコール依存症の大量養成機関にならないように
願っています 教育に置いても 善と悪正邪が鮮明でなかったら
悲劇です。東洋の特性を放棄して西欧化することは
人が天よりも 高くなったからかも知れません。

posted by 愚泥(ぐでい) at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

叔母がくれた 肥後椿、今年は花も 疎らでした。

「寂しさや 叔母の形見の 肥後椿」
   「若人の 髪麗しや 日本色」
    「母は梅 父白百合に 叔母椿
       我が逝くときは 何花ぞ咲く」
 「死は別れ 再び会えぬ ことなれど
         新たな出会いの 始めぞと説く」
  「黒髪の テレビ乙女に 脱帽す
         天が贈りし 色知的なり」
 「墓参道 散歩コースに 組み入れて
     喜寿の青春 跳べ先ず一歩」 
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

風邪をひいて 休養2日目はす 別に大したことはありませんが

今日は起きて1時間余り PC遊び方もしました
いまから またおやすみです。
posted by 愚泥(ぐでい) at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

寒い日の勉強室に最適。太陽光暖房と照明。

大道の老人センター前の我が家は冬の風どおりがよいので
寒さの影響が大きい。昔づくりの為に室内はどちらかというと暗い。
軽乗用車の助手席を学習室に応用できることを今日確認した。
狭い場所に長時間閉じこもることは問題があるので
気を付けたい。 太陽光を暖房と照明に使えることはありがたい。
この冬は 太陽の光の応用を積極的に採り入れることにします。
posted by 愚泥(ぐでい) at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

畑の農具古屋を 平成の寺小屋にする。

役3畳の小屋の北側に 1.5畳の下屋を増して
日当たりのよい南側を 学び場 しゃべり場 遊び場にする計画は
10数年を経てやっとで実現し工事完了。
本当は広いほうが良い二決まっているが
現実の問題として 無理。
そこで天空を屋根として 太地を床にすれば良いではないか
何といっても どうあがいても 俺の人生は土俵際 跡がない
大ほら吹きの 夢の開店に 道真公の詩を旗にしたものを立てた。
「心だに 誠の道に叶いなば 祈らずとても 神や守らむ」
旗の色は紫紺色(濃ゆい紫)
今年は喜寿だよと妹が知らせてくれた。
喜寿の初日を拝みにカメラを持って すぐ西側の伽藍様の前を少し上った。
そこは天神様(天満宮)の裏山に当たる。
そこから初日にレンズを向けた。そのすぐ横に
道真公の 紫紺の旗があった。
喜寿の陽が紫紺の旗のゆめを燃やし始めた。
こんな旗は誰も持っていないし 機を透かしての 初日の撮影も
地球上に誰もいない。
風変わりな 寺小屋の開店は この先どう展開するのだろうか。
「わが友は総て我が師なり」というけれど 縁あって出会う人も含むのかも知れない。
高齢になると 健康の大切さを 時々強く実感させられる。
畑のわき道を 師達が健康増進のために良く散歩する
東浦部落の裏側を横切る 農業用道路は適当な坂もあって
体力作りに最適の 展望道路でもある。
良い事は学ばないといけない。さしあたって 三日坊主を脱却したい
今日は2かいめを何とか実践できたけれども・・・。
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

正月2日 気温は比較的暖かいですk

昨日は初めて初日の出を拝むことが出来ました
素晴らしい写真も撮影できました。
初めて大矢野天満宮にも
参拝することが出来ました。
posted by 愚泥(ぐでい) at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

もうすぐお正月 久しぶりに書き込み

77才になります。農園土木をするのに 軽自動車を活用するようにしました。
それでも 昔懐かしい 手作業が主体です。
動いた分 必ず結果が出るので 耐寒訓練にも 役立ちそうです。
寒いときには 軽作業で 頑張りたいとおもいます。
posted by 愚泥(ぐでい) at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

街もTVも黒髪さんが急増中!!茶髪(不自然色)はもう 時代遅れ

美しい黒髪を 脱色 染色 貴方は何の違和感もないのですか
敏感な人は 自然の大切さを とっくに気付いていますよ。
それでも不自然大好き人間は まだまだ多いのでご安心ください。
健康を追及する医学関係者、神仏と関係の深い??宗教者。
子供を育成する役割の教育者たちが 「何で不自然大好き人間が多いのでしょうか」
永年理解に苦しみました。しかし みなさんお揃いでTVに染脳されていたのです。
カラーTVになってから染色力が急に向上しました。
TVに支配されいるのですから、自らの正しい判断が出来ません。
不自然大好き人間さんは TVの枠の中に生きているのです。
そのことを 貴方はきっと 気付いて下さるに違いない。
あなたの気付きが 未来を変える 日本を変える!筈。
 悪質な犯罪が少なくなるように願っています。
多くの人達も同じだと思います。
posted by 愚泥(ぐでい) at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

黒髪大好き!。金髪も・・。どちらも 東西の自然な特性だから。

日本人の黒髪軽視 放棄の多さに 只々呆れて 幾十年。
過去に テレビっ子が問題視されたが
現代では テレビ大人の時代なのだろうか。やること言うことが TV丸写しに感じる。
高度な教育を受けた人間が あまりにも簡単に 東洋の特性を放棄する様を
どうしても正常と判断したくない。 流行だと言う解釈を挟めば 其れなりに解釈は出来ても。
とにかく東洋の黒髪は草木の緑と一緒で人間の思考以前の問題である。
もちろん枯葉もあれば 紅葉もあるように 黒髪にも例外はあるが 今言っているのは基本論。
黒髪は美しい!それは当たり前のこと。
然しまた 西洋の金髪も 言葉では表現できない 感動以外の何物でもない。
以前に新幹線の中から 外人さんにカメラを向けるたことがあるが
「あら わたしを撮ってくださるの 嬉しいわ」と満面の笑みで応えてくれた。
そして
 急いでバッグの中から タブレットを取り出して私に向かってフラッシュを光らせた。
「ありがとう!私も撮らせて頂くわ」金髪さんの 返礼であった。
新幹線の中の私が どうせ映る筈はない、 それでも心ずかいは嬉しかった。

posted by 愚泥(ぐでい) at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

黒髪さんが急増中! 町でもTVもPCも 不自然大好き派は もう時代遅れ!。

「黒髪は重たいくらい」そんなことを 真に受ける人は かなり軽すぎな人。
「TVの枠にはめられて 色に実に簡単に 染められて」
自分の頭で考えることが出来ない・・・・となると 民族も絶望的!!。
しかし 最近は 自然の魅力を感じる人が出てきて
至る所で 黒髪さんが 急増中
大自然に贈られた 生命 黒髪!。本当は日本人の そして東洋の誇りだよね。
それにしても 不自然大好き人間の多さにも驚きます。
孫に(小2) 日本人の本当の髪の色を聞いたら・・・「何と答えたと思いますか」
  こたえ 茶色でした・・・「たまに黒もあるけどね」 ショックでしたが事実でもあります。
子供たちにも 真実が見えないのですね。
これで良いのでしょうか。 しかしながら黒髪さんが増えていることは 
自分で考える力を持った人たちが 増えたということではないでしょうか。
最近大きな災害が多発しましたが みんなの力で 新しく再生ているようです。
国民の多くが 残念ながら 変色 変質(東洋を無視した不自然)に同調しましたが
今 再生の時に 東洋の自然に目を向けることは 誤りでしょうか。
日本の将来の為に 次世代のために!。
あなたの声を 聞かせて下されば しあわせです。
posted by 愚泥(ぐでい) at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする