2018年01月19日

5m余りの 戦艦大和製作者さんから 電話を頂きました。

予想以外で 嬉しい事です 私も子供が乗れる大きさの物を作ります。
子供が2人乗れるのにながさ2m 幅60cm位が 最低寸法かな?。
今のところ発泡スチロールを主体として使用するほうほうを創造中。
posted by 愚泥(ぐでい) at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

正月7日は 恒例の鬼火行事 西、丸田、中園、東の各区(集落)毎に。 午前中は手作りの1.2mの模型船の海上走行テストを行った。

鬼火の柴が乾燥していた為に今までになくよく燃えた。
集落の人達は炭火で正月のお飾り餅を焼いたり
また 暖を取りながらの茶話会にもなって行く。
夕方の残り火に大きな木が3個残ったが
丸尾さんたちは放置せずに水で火を消して陸上に運び上げた。
海上の障害物となって 船舶の事故等に成るからだろうか。
海に囲まれて育った人達は 海に船に愛情を注いでくれているのかも知れない。
 さて 手作り舟の 気になる建造費(資材費用)はほぼ 2000円位です。
海上走行を写真にとる為に 仮の船室をガムテープで貼り付けました。
写真タイトルは「不審船を追跡する 特殊高速船 あまくさ」です。
それにしても 小学生の孫(女)たちは こんな物に興味を示してくれるのか?。
船体は一つでも 上部船室を乗せ換えることで 百面相の船になる。
つまり変身〜変船。(貨物船、外輪船、航空母艦、外洋ヨット、漁船、その他)
資材費0円で 作る方法 一層のこと 人が乗れて0円(資材費)の船。
幼少期にエジソンみたいな 発明家になる夢を見たことがある、
成人しても 幼稚さも夢の残り火も捨て切らずに
何ごとも自分の頭で考える習慣を意識的に続けることは一種の訓練になるようです。
2〜3年前から海中の1トンの石を移動できる船?を考えて遊んでいます。
一寸した 海洋工事に ひょっとして役立つかもしれません。
鬼火も船もブログに写真添付が出来ません。残念
折角の写真 何とか工夫します。
posted by 愚泥(ぐでい) at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

ありがとう!。平成29年へ。素晴らしい年でした。

  病める社会 という言葉を初めて耳にしたのは1970年代頃だったのでしょうか。?。
年月が経過するごとに 病 は色濃くなり 途中でオーム真理教のサリン事件があり
また 最近では 9人殺害して自室で解体事件があり 菅官房長官の「今までにない残酷な犯罪」として
関係省庁に再発防止策を指示。(PCニュース)を知り、私の永年の思いを書面で送付することが出来ました。
内容は 従来の犯人を取り調べて原因を追究する?に加えて 犯罪を育む土壌(社会・国家)も
研究の対象にして欲しい。(サリン事件の時は すぐに京都大学に問題提起(臨床心理学に期待して)
幸いなことに 地元の若い人が 心の勉強をしていると聞き 一度逢ってみたいと思ってから
5〜6年が経過? 会えました!。「日本精神研究センター、千葉大学,犯罪医学」?…などをもとに
PC検索をすることで、研究内容も多少見えてきましたしほかにも「統合失調症の発症と社会環境」の
論題も(柏木宏子)見つかり嬉しく思っています。素人が無用な口出しをしては研究の邪魔にも。
若い研究者さんに期待するのみです。
それから最近の北朝鮮のイカ密漁船問題ですが、たくさんの違法船を招き寄せ取り締まれない
甘い日本国家の体質のニュースで眠れない程のショックを受けました。
国家の免疫不全(私の造語=外部からの侵略、病原菌に抵抗しない)
「密漁船が多くて日本の漁船が操業できない」(大和堆)・・・放置したら、北朝鮮の海になる!?。
無名の男の意見など国に届く筈がない。 しかし届かなくても絶対に届けなければならない。
 (詳しくは別紙)。
最近の情報で 水産庁取締船と民間チャータ船 45隻体制で 海上保安庁航空機なども動いて
延べ1000数百隻の密漁船を排除。  とても有難くおもっています。
もう一つの 日本病=民族性離人症?(私の造語)=私が私でなくなり他人になること。
前国会議員の女性はTVで化粧しないと 「私は誰だかわからない」と言っていました。(笑)
お化粧を お化けショーと読む事も出来る、とにかくその効果は絶大。
正月用の魚に養殖物と 天然物があるように 女性も人工美と天然美が表記されるように・・・??。
離人症から脱線しましたが 本当に言いたいことは 「若い人たちは基本的にそのままで美しい」!!!。
そのことを思い出すことが 離人症からの脱皮法だと思います。
「つまらないことに口出ししない方が良い、ありのまま、時代の流れ」だと
在りし日の聖路加病院の日野原重明先生、ノートルダム女子大学理事長渡辺和子先生
地元でも熊大の生物学専攻の元教員先生の意見。
しかし上記の先生はそれぞれ著書を出したりしていることは
「ありのまま 時代の流れ」と言いながら次世代にご自身のメッセージを発信する意味を果たすことになる。
「PCで自分の思いを書いたらどうですか」「本渡の法務局の断髪した先生は私の熱き思いを傾聴してくれ
最後にアドバイスしてくれた。あれから10年の歳月が流れた。

posted by 愚泥(ぐでい) at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

北朝鮮のイカ密漁を絶対に許すな! 海上保安庁の取締に 敬礼。政府の理解に感謝します!。

「大量の北朝鮮のイカ密漁船の侵入を防ぐ為に銃撃せよ」
「取締船に銃口を向けるような奴は 逃がさずに 駆除しなければいけない」
国家とはある意味で厳しさが必要です。 立場を逆にしたら それは当然のことです。
日本の漁業で銃を向けられても逃げるとは何ですか。それも日本の甘い体質です。
国自体が自虐国家で 相手と同じ権利が主張できない、
何をされても逃げ腰。「戦わない国は占領されない」 のでしょうか。
優しいお人好しの 羊をお隣さんが狙っているようです。
大和堆の漁場を守るために自分なりに誰よりも早く?行動できたことは良かったと思う。
馬鹿馬鹿しい発想をしたり行動したりするのは 「賢い人よりも 馬鹿の方が適しているかも知れない」
全国でも多分に少数の 変人,狂人馬鹿垂れだと思います。
過去に出会った変人たちに感化されたされた?ことを いまは誇りに思います。
菅原道真公の「心だに 誠の道にかないなば 祈らずとても 神や守らむ」は座右の銘。
最近 北朝鮮の木造船の漂着が目立ち多少責任を感じています。
最後に北朝鮮の人たちにも 平和で暖かい社会が訪れますように願っています。
なお寒さ厳しい北の海で頑張っている 小木漁協のイカ釣り船団の航海安全と大漁を祈っています。
    熊本 上天草 松本。

posted by 愚泥(ぐでい) at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大和堆 我が国の大切な漁場、海洋財産を北朝鮮のイカ密漁船にわたすな!。政府の取締強化に、感謝します。

数百隻のイカ密漁船が大和堆で操業して取締船だけでは対処出来ない。
日本漁船は事故などを避けるために 北の漁場に逃げてゆく?。
中には取締船に銃口を向けた漁船に追跡までされて必死で逃げ帰ったことを TVニュースで知って
一週間余り眠れない夜が続いて、「何とかしないといけない」さらに「絶対に放置できない問題だ」
頭が混乱して対処法が解らない、しかし三日後にはイカ釣り船団を有する石川県の能登 小木漁協に
電話と手紙、漁業を奪われることは漁業者だけの問題でなく国防問題と重なってくる
「絶対に許すことは出来ない」早く何とかしないと、そんな思いから
関連大臣の事務所に電話で対策をお願いしてみたり。電話の後で、そのことが意味があるかどうか疑問?。
ならば 意味が有ることをしなければいけない。するべきことが見えて来た。
そもそも 「密漁とは何か」「ご存知でしょうか」 私は  日本政府の甘い体質(蜜)に
群がる違法漁船である。と定義してみました。「多数の密漁船の侵入を許して取り締まりが困難」
こんな事をしていたら 大和堆の漁場は北朝鮮に奪われてしまう。
言い方を変えると 甘い蜜が密漁船を招き寄せている。 更に提供している、献上した格好にもなる。
北朝鮮への経済制裁を強く叫びながら、北に漁場を渡したら ミサイルの開発に協力することになる。
一刻も早く密漁船を排除しないで恒常化させたら、北の密漁船が安心安全に操業出来ます。
第二の尖閣列島となって 日本は完全に大和堆の漁場を失うことになります。
後になって騒いでも 後の祭りです。北朝鮮との対話をするにしても
向こうは 何をされても抵抗できない日本など 相手にしません。
posted by 愚泥(ぐでい) at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

9人を殺害解体放棄 犯人個人の問題としてだけでなく、異常犯罪の温室的社会に目を向けて原因究明を。

オーム真理教の地下鉄サリン事件の時、主犯の麻原彰晃氏に国民の矛先が向けられたことも
それなりに頷けるが、犯罪の根本解決に成るのかどうか疑問に感じていた。
首謀者を処刑することで悪が無くなるのではない。私はあの事件の裏に社会に対する復讐を感じていた。
その後に「何故親を殺すことが、無差別大量殺人がいけないのか」と題した文章を書いて
幾つかの宗教団体の本山(本部)や宗教者に送付したことがある。
つまり凶悪犯罪が起こることは其れなりに理由があるのであって そのことから目をそらすと
真の問題にはならない、形を変えて新しい犯罪が起こってくる、
今回の9人を自室で殺害解体事件は何故起こったのか、現代の文明社会と関係ないのだろうか。
文明汚染 自然の大切さをしきりに叫びながら何故か日本人を西洋風に改造することが 正常?。
須賀官房長官が 「今までにない残酷な事件」として心を痛められ再発防止のための支持をされたとか。
現代は 命の尊厳も強く叫ばれるが 本当に命を大切にしてきたのだろうか。
そうで無かったことへの 反動 復讐?を考えなくてよいのか。
人間は不都合なことから目を反らすとか 都合のいいように正当化したり出来る
しかし 今の社会の 不都合な出来事も我々の社会と無縁ではないかも知れない。
何れにしても 原因究明をしっかりしないと 殆ど問題の解決に成らないだろう。
菅官房長官には詳しく手紙を書きます。
posted by 愚泥(ぐでい) at 06:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

衆議院選挙で 国民の真意が問われた。

小池百合子新風(総理大臣)は 台風21号の影響で進路がズレてしまったようだ。
一方で 思いがけない票が吹き飛んできた党は 芽出度しめでたし。
posted by 愚泥(ぐでい) at 06:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

思想教育ロボトミー(lobotomyー病的に凶暴な人の前頭葉を切除して 穏やかな性格にに変えること?。

前頭葉切除で自分の意思が無くなるらしい(性格変換)
凶暴な人、奇声を発して集団生活に不都合な人等を薬品を使ってコントロールする方法も
あるようである。一時的な薬物ロボトミーだと私は思う。
思想教育ロボトミーは国民を穏やかな性格にしてしまって、北朝鮮のイカ密漁船が
侵入しても追っ払うことが出来ない 銃撃できない。
逆に蜜驍船に銃口を向けられて 取締船が逃げてくる。
先制攻撃も出来ないらしいから、「お先にどうぞ!」とゆう感じ。
何を考えているのか?。 兵器次第では 平気でいられない。
反撃能力を奪われるから。
日本の頭上を核ミサイルが自由に通過する時代もそう遠くないときに
平和を叫び 対話を重視する 優しい 呑気なロボトミー国民。
対話とは 対等な立場で話し合うことではないのだろうか。
対等な立場とは相手国と同じ権利を主張できること。
相手が領海侵犯に対して銃撃したら ニッポンもそうしてよい筈。
先制攻撃はダメではなく、日本も同じ権利があってよい。抵抗しないと占領されない?
尖閣列島や沖縄をみたらいい。日本海の(大和堆)漁場を再び北の蜜驍船集団に提供したら
実質的に占領されたのと同じになる。最初から銃撃してでも排除できる
国際的に平等の権利がないと国家は滅びてしまう。
posted by 愚泥(ぐでい) at 07:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

「大人になったらお医者さんになるかい?」小学校低学年の時母が言いました。

「お医者さんになれ」の意味のようでした。たぶん野口英世のことを話した後に
親馬鹿ぶりを発揮したのでしょうか。小学校5年生の時長男で跡取りの父が親と別居する事件が起きました。
無一文で住む家を失うことは何としても避けたいことで、困ったときの神頼みも無意味でした。
家を出ると同時に父は日増しに体重を減らし再び元気になれないと言われるまでに衰弱。
「くそっ!、神も仏もこの世に在るもんか」失望の矛先を社会に向けたり、
しかしそんな不幸の渦の中での一筋の光は「病気と心」を科学的に解明する宗教誌に出遭ったことでした。
父の病気は数年かけて自然に回復しましたが、今度は母が大腸がんに
父のように奇跡が起きることを最後まで信じましたが結局はダメでした。
「心と病気そして宗教」関係有るのか無いのか。
「その謎を解くためには本格的に勉強しなくてはならない」亡き母からのメッセージと感じました。
「いかなる立場にあろとも学ぶことは出来る、学校に行かなくても自分の居場所を学びの場に出来る」
しかし自分の苦悩が与えられたからこそ 求めることが出来たことになる。
「医者になれ」幼児期の母の言葉にずっと添ってきた気がします」
聞くところによると 医者になるには 大学の医学部を出なくてはならないらしい
ところが 最終学歴は あの有名な大道中学校止まり。脳力もない。人生の残り時間もない。
それでも 母ちゃんの夢を少しでも実現して死ぬことにします。
医者には慣れなくても ひょっとして 病める社会の 癒し者 に成れるかも知れない。
医者と癒し者(いやししゃ)非常に似ている 治療の対象が違うがこれも似ている。
たとえば「日本人であることを誇ると言いながら、西洋人に改造しないとダメ」
善悪の判別が出来ない、何をしようと自由。悪事も黙認する、容認する、時には協力する。
宗教も一般教育も善悪の基準がバラバラではもうどうしようもない。
政治家だって有権者の機嫌を損ねたら票を失うので、、、、。
悪いことが野放しになったらどうなるか。恐らく建設的な結果は望めないだろう。
日本の弱体化を望んでいるお隣さん達がいて
超最新型の兵器を開発して 何をしても抵抗しない国を占領するのに3日もあれば十分と
1か月前にある機関に書いた、自分を大事に出来ない民族はいずれ急速に自滅するしかない。
厳しい状況の中で無力でも私なりの役割を果たして母に報告が出来ればと思う。
posted by 愚泥(ぐでい) at 08:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

さようなら 有難う 五右衛門風呂。鉄釜からポリ浴槽へ

風呂場を改修したとき古い鉄釜(五右衛門風呂)をそのまま使ったが
冬場の寒い時期に焚火で底から湧いてくる湯は天下一品で我が家の唯一の自慢だったが
水漏れの為に新しい浴槽に替わる。水回りは 工事費が高いと聞くが
注文したポリ浴槽は 2万円台?。材料を買って自分で作っても、この金額では無理。
我が家の初代五右衛門風呂はどれ位だったのだろうか(値段)
大きい浴槽は 浴室の改修が必要なため少し小さめにした。
五右衛門風呂の周辺には 自然石を置いて 岩風呂風にしたが
新浴槽にしてからも 石なしでは寂しい気がする。
ところで高額の改修費用を捻出するために
「五右衛門風呂と美女」の写真を検討?。「美男」も良いなぁ
よし 今夜は自撮りするぞ。
浴槽も 高級品は魔法瓶仕様もあると娘が教えてくれたので
設置する際にそのメカニズムを取り入れることも また楽しそう。
夏の暑さに老いの身も心も限界なのか。自分の中の新しい老いの息吹を感じる。
老いの時間を 大切に生きて行きたいと思う昨今でもある。
posted by 愚泥(ぐでい) at 07:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする