2016年09月01日

天満宮さんの詩の旗「心だに・・・誠の道にかないなば」の写真を色々な人に郵送

天満宮さんに差し出した手紙のコピーとか貰った返事を持参して
朝 報告に行きました。
手紙の内容は主として 子供の将来を考えるとき
「大人社会は 東洋人の特性を 尊重しなければならない」
「東洋人に西洋のレッテルを張ってはならない」など
東洋人が西洋の仮面をつけるような社会は 天意に反する。
国際人とは東洋に西洋メッキすることではない。
日本人は日本人以外の何物でもないと言う教育が日本では希薄過ぎないだろうか。
日本人でありながら レッテルが外国人 心まで アメリカ、中国、韓国人
ちょっと変だよ 日本人。
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「心だに 真の道に かなひなば 祈らずとても 神や守らむ」日本人に西洋のレッテルを貼ってはダメ。

特に敗戦後は 急速に西洋文明が流れ込み 日本のすべてが 悪であるような錯覚からか
模造西洋人がしだいに定着し現在に至る。
東洋人として誕生した日本の子ども達が 大人になると茶髪やパーマーを掛けて
脱日本人、西洋風に変身することがカラーTVの影響もあって 正常化されてしまった。
そこで「日本人を西洋メッキするとは 「誠の道に外れている」
現代社会は 異常であると 色々の分野に提言を試みたが
TVがやっていることは絶対に正しいとか 時代の流れとして処理されてしまい
そんなことにいちいち 口出しするのが 異常と判断されるらしい。
善悪の基準が 神とTVに染められた人間とでは 違いが大きすぎる。
東洋抜きの日本人は その半分は屍である。自然を奪い取る文化や放棄することは
決して建設的ではない。有害なことを堂々とやってのける。-・・・という私も
有害物質をマスクなしで 使用することが多い。
立派な宗教も祈りも 天意に逆行するとき 全く無意味である
人も基本的に動物であり生物であるので 自然に反するころは その多くが破壊的に働く。
「真の道に叶ひなば・・・・・神や守らむ」道真公は現代の迷路に明快な進路を示してくれる。
この言葉を 日本中に 瀬かい中に知らせてあげたい。私の人生の最後の夢!。
posted by 愚泥(ぐでい) at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

日米人 = (日本人にアメリカ人をメッキしたもの)を知っていますか。

基本的に東洋人と西洋人は 明らかに異なった特性を持つのが自然。
日本人が 人工的に西洋人化しだしたのは、原爆を落として頂いた事による 国力差を実体験した
ことも大きいと思うが それ以前から 舶来品といって 外国に一目置いてきた。
敗戦後の日本人には 劣等国日本に生まれた宿命をどれ程 情けなく思った人も少なくない筈。
昭和30年中学卒業(大道)自転車に乗れなかった。自転車もリヤカーも我が集落には皆無。
17歳の時 横須賀に行った(人足)=(荷物を扱う人夫=労働者)作業場=東京湾倉庫。
米軍基地があったので 若い女性たちが 眩しいような超高級車を当たり前のように乗り回す。
アメリカと日本では まるで 天と地に 映った。(美少年の目には・・)
アメリカに憬れる その分日本への絶望がました。
電熱パーマーで黒髪を ちじれさせ 色はまるで被爆色(広島、長崎で被爆した人たちとそっくり)
現在の社会的価値観からすると、 ま〜時代の最先端? かも知れないが
当時の日本女性は 生きてゆく希望をもぎ取られるくらいの 衝撃だったと思う。
黒髪を失った己の姿は まるで化け物と映ったに違いない。
76年も生きてきくると 世の中色々と変わった。それは当然のことでもある。
しかし現在に焦点を当てると 次世代のために(子供たちの将来を思い)
自然の大切さしきりに叫んでも 日本人を誇ると行ってみたところで
黒髪を放棄したものも多く 西洋人か東洋人 識別しにくい 日米人の山
蚊と言って 日米人を責める気持ちはない 彼らは被害者なのだから【多分)
誰か仕掛け人がいて きっと くすくす 笑っているに違いない。
大道中学校で 生物学を専攻したが 生物であれ 動物であれ えしれんこっば(不必要なこと)を
し過ぎると 枯れたり狂ったりすると思う。
国も宗教も教育も こんなことは 意外と無頓着だから 悪魔どもの思うままになる。
黒と茶は(髪の色)がどちらが正常なのか判らないと
日米人の 正邪の基準も 限りなく混乱してゆくだろう。
犯罪などにその兆候が見られると感じるのは あやまりだろうか
日本人よ 日本人であれ 少数でも納得してくれる 師が現れるはずと信じる。
posted by 愚泥(ぐでい) at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

夏バテ? それとも熱中症 暑さが大変です

通常体重よりも 5K痩せています。 食欲があるのがせめてもの救いでしょうか。
ブログも 休業じょうたいです。
posted by 愚泥(ぐでい) at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

ブログが回復しました。久しぶりに書きこんでみます。

ブログが書けない、プリンターのインク切れ治してもらいました。息子先生に。
posted by 愚泥(ぐでい) at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

空海没後10年の承和12年 菅原道真公が 誕生。

天満宮境内北側に数年前に避難梯子を設置しましたが、
ハシゴ=845(西暦)が道真公の生誕年
その偶然に 感激しました。
posted by 愚泥(ぐでい) at 21:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

気温は上がっても まだ寒く感じます。

畑に唐芋の床用のトンネルハウスを作っています。
高さ1m、幅1,5m 長さ4mのテスト用です。
posted by 愚泥(ぐでい) at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

人生の最後に何をやるべきか 優先順位を間違うと重大な悔いを残すことになる。

大事なことを 先にする習慣を身に付けていないものは 敗者になる可能性が高い
「出来ないことも含めて 自己責任だ」と言えば 或る意味で見栄えはいい
しかし 敗者で終わることは 限りなく深い 後悔をのこしてしまう。
勝者となるか それとも敗者か それは 己自身との戦いでもある。
勝者とは 己に勝つことを 習慣化できた人の別名だと言えそうだ。
posted by 愚泥(ぐでい) at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

風呂場の周辺の壁 天井床まで断熱材を入れる工事をしました。明日が仮完成です。

工事を始めて ほぼ半月位になります。
一応完成の予定ですが 棚などを付けたり 不良個所の点検をします
多少の追加工事もありそうです。室内を全部 真っ白に塗りました。
posted by 愚泥(ぐでい) at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

我が人生の最終目標に気付かせて頂いた 幸せ!。出来る出来ないは自己責任です。

私の永年の夢は 日本人が東洋の生来の特性(黒髪)を 大切にしない文化?を
もう一度回復させることです。そもそもパソコンの購入も それ以前のワープロも
自分の真意を発信する為の一つの手段でした。
草木の緑も 東洋の黒髪も 人間以前の自然界の意思だと思います。
自然を無視する軽率な行為(不自然)は 破壊と自滅そのものです。
現代社会にそれが見事に投影されています。
或る意味で 日本人の 軽さだと言えます。
一握りの連中の 利益のための 罠に 非常に簡単に操作されていないでしょうか。
黒髪を染めるのが 流行? こんな馬鹿げたことに 何の疑いも感じない大衆。
若者から幼児たちまでも 悪魔の支配に納得させられているのです。
不自然は 魂も心身も 不健康にします。 国民が不健康になることは
国民の自滅であり そのまま 国家の滅亡でもあります。
ある医師は800年で日本は自滅すると書いていましたが、 それから20年経過して私は
200年に修正しています。 破壊行為を改める力を放棄させられているのです。
復元力を失ってしまったら 自滅しかありません。
政治も宗教も教育も健康を追及する立場の 医学すら 前記のことに意外と無関心です。
別にアンケートを取るまでもなく 頭髪の色が 色彩表示をしてくれています。
それを放置するかしないか 無力ですが 人生の最後に賭けたいと思います。
それは 民族の回復 更に人類の回復そのものと信じて疑いません。
大切なことを 気付かせて戴いてよかった、人生の最後に向かう方向が見えて良かった。
「我が人生に ありがとう!」 ご意見を聞かせて頂けたら 幸せです。
posted by 愚泥(ぐでい) at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする